火曜日

火曜日の今日は、Ethnography of Selected Region - Japan
(日本の民俗学)の授業に出ました。
自分の生まれ育った文化を外から勉強し、見ることはとても新鮮で面白いです。

あとは、Religion and Gender (宗教と性)をとろうと思いました。
大体time tableはこれで決まりかな。

1つのコースを取ると、週に大体講義が1時間で、
セミナー(小規模クラスに分割される)が1時間です。

で、私の場合は民俗学・文化人類学・宗教をとるから
3コース×2時間。
e0065392_2355174.jpg
そういうと簡単そうだけど、
セミナーのために読まなきゃならない資料が毎回多くて、
クリスマスごろには2時間くらいのexamとエッセイがあります。
3000wordsくらいのエッセイをどのコースでも書かなくてはなりません・・・(エッセイ2個書くものもある・・)。

やっぱり海外の大学は大変だなあと改めて感じました。

たった3つしかとってないのにねー・・。

たくさんの読書量が求められます。

ある授業で、
「自らが学ぼうとすることが大切です」
といっていました。

「大学で先生が何かを教えてくれると思わないで下さい。本やクラスdiscussionから、自分で何かを得てください。大学の先生はそれを手助けするだけです。」って。

簡単な答えはどの学問にもないってことだとおもいました。

日本の大学でもおんなじことだけれど、こっちにきて全てが初めてのシステムだから
1年生にに戻った気分になっています。そして「大学で学ぶ」ってことについてもう一度考えさせられます。

これからどうなるんだろう・・きっと必死でついていくしかない。頑張ろう。

そんな感じの1日でした。
[PR]
by sharara-lon | 2005-10-05 00:04 | 日記
<< 10月5日。 大学start★ >>