ひさしぶりの更新。


e0065392_9133528.jpg


いろいろとずっと忙しかったので休んでいました。
それでも見に来てくれてる人がいること、感謝します。
ありがとう。

ここ数日、色々なことが重なっていてなんだかうまくいきません。life is all about ups and downsといえばそうなんだけどね。

とりあえずでも課題が提出し終わりました。
4つエッセイだから、ほぼ10000wordsに近いです。ああ寝たい・・。でもそんな夜に限ってこうやって書いてしまいます。



今まで、ここには読んでくれている人にも自分にも幸せなことを書こうと思ってきたけれど、そう思っていたら、いろいろと落ち込みがちなここ最近、本当に書くことが無くってしまいました。悲しい。
だから今日だけちょっと、リアルな疲れの混じった文になってしまうこと、許してください。




ここにきて西欧文化のいいところも、醜いところも色々見えてきた気がします。

人種差別とか理不尽なことも、もちろん海外の日常には確実に存在するし、理解するほど文化の壁を感じたりすることも多いです。

階級社会のイギリスの寂しさも感じます。どうして人種に、優劣なんて存在するとかなっちゃうのかな。こんなにたくさんの人種が存在している場所だからこそ、差別の存在は免れないし、そうしてそうあることは酷いけど事実です。


いま大学も結構大変です。

日本での大学生活では考えられないくらいの量を勉強しなくちゃならなくて、常時疲れ果ててしまいます。

早稲田からの日本の留学生と話していて、日本で「大変だ」といっていた課題が信じられないくらい少ない量だったことに気がつきました。

英語が母国語の学生にもハードな量を課題で出されるんだから、少しは弱音も吐きたくなります。そしてさらにレベルアップされた2学期は、今日始まったばかり!!



それに、この頃は日本ではお正月があったりとか、成人式がある時期でもあって、そんな話を色々聞くと「日本に帰りたい」と思う留学生も少なくないのも事実です。

留学生活のちょうど半分という時期を迎えてかな。憂鬱な時期です。
ただそれだけなんだけどね。

毎日厚ぼったい低い曇り空が憂鬱です。たぶん時期の問題です。あと半分っていうところにさしかかって、見えない未知なものと、分かってきたものの中で疲れています。

もっともっと書くことはあるけれど、愚痴はこれくらいに。

こうしている日々もきっととても充実しています。この時を大切にしてまた元気になります。




では、またこんど。
また元気になって更新します。

世界のいろいろなところにいる人たち、おやすみなさい。
[PR]
by sharara-lon | 2006-01-10 09:28 | 日記
<< なんにもない チェコ旅行☆ >>