最近のいろいろ。

ここ数日が嵐のように過ぎていきました。
忙しくって充実してる。
遊んで、勉強して、遊んでの繰り返し。
寝る間も惜しんで?!とは正にこのことだなあと思う。

火曜日、学校終わって夜11時からクラブに行った☆
みんなで用意する段階が楽しい★
化粧して、洋服選んでっていうそういうの。
「これから出かけるぞ!!」っていう気合。

この間行ったクラブとは全然雰囲気が違って、それが面白かったょ。
ピカデリーのレストランを貸しきったみたい。
場所がよかったからすごい沢山人が来てた。
早稲田の友達ともそこで再会できてビックリした!

みんなテンション高かった~。
ぶれてるけど(しかも私の写真じゃないけど)、雰囲気はこんな感じ?!↓でした。
e0065392_2102011.jpg


最後までいて、ナイトバスで帰ってきたのは朝4時とか・・(火曜日がもう終わってる!)。

でも9時から授業だから頑張って行きました・・・・★
だから、ここから昨日の水曜日のお話し。
真面目に書きます。

夜に、インターンの促進をするボランティア団体のお手伝いに行ってきました。
日本語の面接官が足りないからっていうことで。

それが実はすごいいい勉強になった。

3人面接官:1人ロンドン大の学生(日本にインターンに行きたいと思っている)
で構成されているんだけど、これから就活する上で、「こういう風に面接官は見ているんだなあ」というのがすごく分かった気がしました。

どういう風な態度、喋り方がいいかとか、
あとなによりも「自分が何を(能力)持っていて、そのためにこれまで何をしてきたか」
っていうこと。これは本当に大切。

同じ年齢なのに、持っているものが多い人は本当にびっくりする。
面接官ももちろん、面接されている生徒も、すごい人が沢山いて本当に勉強になった。
私が担当したのは、エンジニア部門だったからわけの分からない単語が飛び交う面接でした。
誘導尋問の仕方(?)もすごかった。
それで、その人が口だけで能力が伴っていないこととか、その人の性格とかが、結構にじみ出るんだなあ、と面接官の人たちの側に座っていて思いました。

それにグループワークとかディスカッションも点数をつけながら、協調性とか発言とかを見たりするんだけど、それも本当にいいテストになる。
そうやって試験する側になって、いろいろ観察してみて、知ることも多かった。
「そんなことで、なんにも分からないだろうな」と思っていた就活のスタイルをちょっと見直しました。

全部分かるわけではないけれど、かなり多くのことが見えてくる。
エネルギッシュに行動してきた人はそれなりに履歴書にも現れるし、人とのかかわり方でその人の本質も、見える人にはすごくクリアに見えるのです。

面接官も大変だなあということ。
それに、面接される側にもうすぐなってしまう・・・ということ。
いろいろ学べた日でした。

で、今日は木曜日?!
なんだか冬の天気のまま、3月も中旬になってしまいました。。。
ずっと気温が低いの。
どうにかしてよ、ロンドン・・。
[PR]
by sharara-lon | 2006-03-16 21:27 | 日記
<< 金曜日の憂鬱 バトンに逃げよう >>