カテゴリ:旅行記( 8 )

最後の更新 ばいばいロンドン

e0065392_6324697.jpg


そういえば、旅行している間いろいろな国でワールドカップの歓声を聞きました。
イギリスでフーリガンが半裸で叫び、
スペインでも人々が熱狂的になり、
ギリシャでも道の白い壁にテレビを映し出して、
いろんな人が一緒になって見てたワールドカップ。
この夏の大切な思い出の一部です☆
決勝戦は日本で見れる!!

今からもうすこしで空港に向かいます。
これでこのブログもおしまい。
この留学もおしまい。

今まで読んでくれた人たち、本当にありがとうございました。
いつも見てくれる人がいて嬉しかった。

また会える人がいてすごく嬉しい。
ここで別れなきゃならない人がいて悲しい。
でもまた新しい生活が待っているんだから、次に行かなくちゃと思います。

7月3日に日本に帰ります。



ばいばいロンドン。
またいつか。
[PR]
by sharara-lon | 2006-07-01 06:35 | 旅行記

旅行記4(最後) マルタ共和国編 ~村上春樹が好きだから~

e0065392_5554764.jpg


村上春樹の小説に出てくるからっていう理由だけで
春樹ファンのわたしたち2人はマルタに行くことに。

マルタ島はギリシャみたいな楽園だと思っていたら
ちょっと違った。
土埃っぽい茶色い古い島。
ドライで暑くて、そして思ったより全然町が大きかった!
どうして村上春樹はマルタ島に行ったんだろう?

とりあえず毎日すごく暑い!!
最高気温40度。。。

e0065392_671550.jpg


こんなレトロなバスが通ってる。
宮崎駿っぽいかんじだった。
でも40度。。。
e0065392_67329.jpg


貨幣はマルタリラ★
オリーブや魚、蟹のデザインがかわいい。
e0065392_684128.jpg



とにかく暑いからビーチ(ここは地中海)★
カキ氷みたいなのがすごく美味しかった。
でも暑すぎて退散。
e0065392_610479.jpg



日本人の人に知り合って、仲良くなる。
海に潜る仕事をしている人。
海が好きでずっと潜っていられることが幸せだって言ってた。

彼は、シシリーとかスペインとかモロッコの海で漁業を手伝いながら、日本にあまり帰ることのない日本人。孤独だけどすごくステキだった。

世の中には色々な職業があって、いろいろな人がいるんだ。
世界は広い。
そして好きなことを職業にしたらそれほど幸せなことはない、そう教えられた。

一緒に旅行できた3人の友達ありがとう。
そして旅先で知り合えた人たちも。

いろいろ書いたらきりがないほどハプニングはあったけど
すごく大切な思い出になりました。
気づけばもう大学3年の夏★
日本に帰らなくては。


旅行記終わり。
[PR]
by sharara-lon | 2006-07-01 05:33 | 旅行記

旅行記3 ギリシャ編 ~エーゲ海で泳ぐ~

e0065392_4541724.jpg


アテネに早く着きすぎてアテネ空港1泊。
雑魚寝の後の朝食は美味しい。。。
(実はバルセロナ空港でも、ニース空港でも雑魚寝を経験済みの節約旅行)

というわけで、やっと朝を迎えて早速目的の島イドラ島へと向かう!
(アテネ空港快適でした、ありがとう)
空港からバスで港まで1時間、
港からフェリーで酔いそうになりながら2時間弱。

着いたところは、目を疑うくらいの美しい島だった。
e0065392_458250.jpg


イドラ島は、バイクも自転車も自動車も禁止されている小さい島。
だからか空気がとっても綺麗だった。

故ダイアナ妃も愛していたというバカンスの島。
光は強いけれど、日陰に風が吹くととっても涼しい。

ロバと馬がいて、それでホテルまで荷物を運んでもらう。
e0065392_50058.jpg


e0065392_501620.jpg


光がすごく綺麗。
白い壁と青いドア。
ピンクの花が咲き乱れる島。
念願のギリシャにやっとこれて、本当に言葉が出なかった。

e0065392_512487.jpg


e0065392_513798.jpg


ここでの日々は楽園そのもの。
グリークサラダは美味しいし、遅くまで明るくって暖かい。
e0065392_5288.jpg


「ギリシャの人にとって、人生はどれくらい楽しく生きれるかが最重要」
って地球の歩き方に書いてあった通り、みんな朝と夕方はイスを道に出してのんびり過ごす。

誰もせかせかせず、時間はひたすらゆっくり流れている。
どこかで誰かががギターでギリシャの曲を楽しそうに歌っているし、
ロバは歩いてるし、物価は安いし、暑ければ海で泳げばいい。
夜は涼しくて星が綺麗で、町全体がふわふわしていた。

島で一番綺麗そうなビーチに行くことにする。
小さい船でちょっと行くと水は本当に透き通る。

誰もいない朝のビーチをほぼプライベートで貸しきる★

e0065392_564011.jpg


初エーゲ海。すごい透明度でしょ?
e0065392_592915.jpg


魚は透明で、泳ぐ人の横をすっと追い越していく。
気がつけば隣に小さな熱帯魚がいたり、珊瑚はピンクでゆれていて
こんな場所が本当にあるんだ・・・・と信じられないくらい綺麗だった。

ウニはいたけど、エーゲ海の塩分が濃すぎて体が浮いてしまって
取れなかった。。。残念><。

e0065392_5124589.jpg


イドラは美しすぎて驚きの連続だった。
ギリシャにハマる人の気持ちが良く分かった。

絶対また行きたいよー。いつか自分がリッチになったら。
実在の楽園ってあそこのことだ。
きっとこれから疲れることがあったら、この島を思い出すだろうなあって友達と何度も言い合った。
イドラ島のビーチで聞いた数々の曲も。

つづく。
(次で旅行記最後)
[PR]
by sharara-lon | 2006-07-01 05:15 | 旅行記

旅行記2 南仏編 ~ニースの美術~

e0065392_4293234.jpg


マドリッドで寂しい夜を耐えて次の場所、ニースで別の友達と会う。
久しぶりに会えた感動で、話は尽きなかったね。

フランス、ニースにどうしても行きたかった美術館があったから無理して1泊。
シャガール美術館とマチス美術館へ行く。

シャガールの絵はやっぱり素晴らしかった。
愛と希望に満ちていて、いつもそこにはヤギと魚(手の生えた)と鳥(さかさまの)がいる。
ちょっとの寂しさも見え隠れしててその色使いに圧倒された。
美術館員のお兄さんもなかなかステキだったw。
e0065392_4312424.jpg


絵の並べ方の間隔も広くて、こじんまりした美術館はいくらいても飽きない。
写真を撮っていいというのもここのすごいところ。
e0065392_43594.jpg


マチスは残念ながら写真がないけれど、
あの独特の切り絵が沢山見れてすごくよかった。

そして、午後には地中海で泳ぐ☆
塩分が多いから体が浮いてきて、2人してすごいはしゃいでしまった♪

青い空と透き通った海、
スペインで感じた不安感が吹っ飛んでしまうほどバカンス気分。
人々はリッチで、満たされていた。
たった1日だけどすごい満喫できてよかった、ニース★

ここから次の日、イタリアまで電車で移動、
ミラノから飛行機で、ギリシャ入りしました。

つづく。
[PR]
by sharara-lon | 2006-07-01 04:41 | 旅行記

旅行記1 スペイン編 ~ガウディとピカソ~

ただいま☆
ヨーロッパ放浪の旅から、無事ロンドンに帰ってきました。

やっぱりロンドン落ち着く。
もう地図を見ないでいいし、英語が通じるし、パスポートを命の次に守る生活から開放されました。なんて楽なんだろう><。

今、友達の部屋に滞在中、そこから更新させてもらっています。
(なら、ありがとう)

まずは旅行記スペイン編。
たくさん書きたいし写真も載せたい・・・けど長くなりすぎないようにちょっとだけアップします。


e0065392_3442313.jpg


スペインはバルセロナとマドリッドに行ってきました。
目的は大好きな美術巡り♪

バルセロナではガウディー建築と、ピカソ美術館。
マドリッドではピカソのゲルニカが見たい☆というわがままな夢を全てを叶えることができました。

ガウディはすごく良かった。
圧倒的な迫力の才能を感じる。

e0065392_346446.jpg


↑写真はサクラダファミリアの中。
2024年の完成予定まで作られ続けています。コーヒーのCM思い出しました。

白い窓に、まだはめられていないステンドグラスが見えるような気がした。
着工当時の色と、今建てられている部分の色の違いに時の長さを感じた。
完成されたらまたもう一度行けたらいいな。その頃自分は何しているんだろう。


ガウデイが作った塔の階段は果てしなく・・・体力を奪っていきました。
暑かったょスペイン・・・。
完成して、またここに行くことがあったら、きっと迷わず隣にあったエレベーターを使うでしょう。
e0065392_3493629.jpg


これはガウデイが作った公園の一角。感覚が狂う。
e0065392_3522230.jpg


公園から見たバルセロナ。
e0065392_3525528.jpg



ここまで一緒だった友達2人と、バルセロナでお別れ。
この後会えるのは1ヶ月以上先、日本に帰ってからだと思ったら
一緒に頑張ってきた留学まで振り返ってしまって最後に泣きそうになった。
だからちゃんと「have a safe trip」って言えなくてごめんね><
これをどこかヨーロッパの国のネットカフェから見ていたらいいです。
元気で旅行続けてね!!そして、バルセロナ旅行楽しかったょ、ありがとう。

e0065392_345135.jpg


***

マドリッドは1人。治安が悪いって有名だったから最初はめちゃくちゃ怖かった。

ホテルの人と話してて、「治安が悪いから気をつけなくちゃ」って言ってたら
「ロンドンから来たなら大丈夫だよ、ここはただの盗難や、引ったくりや、脅しが多いだけだから」
って言われた。「ロンドンの犯罪はもっとひどく残酷なやり方だよ。私は、マドリッドに7年間住んでて、3回しか強盗とかスリにあってないから安心して」って。。。

それで「ああそうか!それもそうだ」って安心できた私もどうかと思うけど、まあロンドンも危険だからスペインも恐れることはないんだと思った。
まとめると、世界には日本ほど安全なところはそうそうないんだということ。。


それでも、ずっと見たかったゲルニカの前にたどり着けたとき、ホントに行ってよかったと思った。その瞬間、ああここに1人ででもきてよかったと思った。
それくらいすごい迫力のある絵で、その一枚のためにマドリッドに行く価値があると思った。
それを見に世界中からツアー客が来ていた。

ここで、日本人の老夫婦に会う。色々話して、とっても良くしてくれて、「安全に帰りなさいね」って言われた。(そして日本のお菓子をもらう☆)

(↓ピカソのゲルニカがある美術館は、すごく広くてとても綺麗だった)
e0065392_3532243.jpg



私が見たスペインは、土っぽく埃っぽくて、南国の熱気と気だるさの混じったカオスでした。
決して豊かではない一面ももちろんあって、わたしたちがイメージする「ヨーロッパ」とはまた全然違う国です。人々の目つきは鋭くて、イギリスと全然違って驚いた。
スペインは沢山の芸術家を生んでて、歴史が複雑で深い国。
その魅力にちょっと足を踏み入れられた気がした。
あらゆる意味で情熱の国。

*****

e0065392_432062.jpg


バルセロナのユースホステルで沢山の人と出会ったこともすごい体験だった。
世界一周旅行している2人組の女の子たちも、
わけありそうな日本人の女の人1人旅も、
ギター持って旅している男の子も、
安宿にはいろいろな人がいた。

ここで知り合ったフランス人と日本人の女の子たちとすごく仲良くなって
あとでまたマドリッドで落ち合えたこととか、偶然が重なって
旅って感じですごく嬉しかった☆
(またいつかあう日まで!)


次の旅行記につづく
[PR]
by sharara-lon | 2006-06-30 06:41 | 旅行記

イタリア旅行

e0065392_0363883.jpg


時間ができたのでイタリア旅行のことちょっとだけ書きます。
綺麗だったょー★

ミラノ→フィレンツェ→ベニスの順で電車でめぐりました。
ゆき、どうもありがとう。
一緒に行けて本当に良かった。

e0065392_0225443.jpg


いろいろハプニングとトラブル続きで大変だったけど楽しかったことに変わりはない。
いつだって個人の旅はそんな感じです。
行き当たりばったりで、いいことも災難もある。

e0065392_020992.jpg


出発駅を間違えたチケットを予約してしまっていたり
でもその分、慎重さを学んで

ホテルの場所が間違っていて見つからなかったり
その分新しい町を知ることができて

e0065392_0232121.jpg


すごい道に迷って
でも、だから綺麗な夕日に遭遇したり。

e0065392_0192294.jpg


美味しい食べ物にも沢山出会えました。

ジェラート色々試したよ。
ティラミス味美味しかった!
e0065392_0322827.jpg


イタリアン最高!
e0065392_0345214.jpg


e0065392_022212.jpg



それに、やっぱり教会がとてもステキ。
イースターだったからミサに沢山遭遇しました。

蝋燭の光とステンドグラスにいつもひきつけられる。
宗教が作り出す芸術はいつだって矛盾の中に純粋で
強く訴える何かがあります。
そこにいると気持ちが静かになるかんじ。

e0065392_0261360.jpg


e0065392_0205282.jpg


フィレンツェのドゥオーモの天井画。
天国と地獄。

e0065392_0265694.jpg


ベニスでは早稲田の留学生と再会。

e0065392_0302711.jpg


地元の美味しいパブや、ピザ屋さんに夜中に連れて行ってもらった。
友達の住んでるアパートが、ゴンドラの通る川の前で驚いた!!

旅先での友人との再会はすごく暖かくて、嬉しい。

こんなところに住んでるなんて、泊まらせてもらった後も信じがたくて
朝起きて窓から見えた景色に何度も目を疑った。
Disney Seaにしか見えないでしょ。

e0065392_0211539.jpg


あんなに登った(?!)旅は初めてでした。
ドゥオーモも坂も、なんでも息が切れたよ。
そこで見える景色は、絶対その期待と労力を裏切らなかったけどね。

どうまとめてもまとめきれない濃い旅でした。
自分で地図見て、1日中歩いた旅は絶対すごい経験になると思う。
歩きすぎて疲れすぎてなんだか限界を超えました。

e0065392_0215639.jpg


またきっと行こう!イタリア★
[PR]
by sharara-lon | 2006-04-26 00:46 | 旅行記

ただいまロンドン★

e0065392_3371135.jpg


ただいま、ロンドン。
さっきパリから帰ってきました。
数時間前までノートルダム寺院の前にいたのにもう自分の部屋。
やっぱり近いなあ~。

ユーロスターは2時間ちょっと。そのうち海のトンネルを通るのは30分くらいだった気がする。
電車なのに入国審査とかあって変な感じだった。

パリはね、やっぱりいつ行っても素敵。
期待を裏切らないね♪
行くたびにまた何度でもいきたくなる場所。
人々がフレンドリーなところがCultureショックだった。何でそんなに笑顔なの?
ロンドンになれると驚いてしまう。

いつかパリにホントに住むことに決めました。
いつがいいかな?

でもロンドンに帰ってきて思い出した安心感もあります。
ここは英語が通じるし、自分の部屋があるし、見慣れたいつもの町があるから。


じゃあ少しだけパリ旅行を回想します。
考えればちゃんとした海外1人旅は初めて☆
オーストラリアに1人で行ったけど、ホストファミリーに再会しに行ったからちょっと違う。
今回はちょっと緊張した。

e0065392_3374858.jpg

写真は意外と高いマカロン★(おいしかった~♪)



★14日・最初の日★
(そういえばバレンタインだったね・・・パリに1人ってちょっとさみしいょ~と思いつつ)

ユーロスター朝5時発。

夜のロンドンバスが治安悪くて少し怖かった。

バス停の前で、酔っている人が閉まってるカフェに入ろうと必死で、ドアを開けようとしていて面白かった。(そのあとカフェに話しかけて、そのうちカフェの前で寝始めてた)ドラック多いからそうかも?ちょっと気をつけないと。

そしてナイトバスで駅に到着。
ユーロスターに無事乗って・・・・少し寝たなあ・・・と思ったらトンネルを見ることも無くもうパリだった!!
え、早いよ・・・。

そしてプラットホームはいきなりフランス語。
なんにも分からない・・・。
できるのは数字と基本挨拶だけ。

でも、ロンドンとあんまり変わらない緊張感だったりするかも。
日本以外の国は、ある意味全部一緒だから。
住み慣れなくて未知な国。

地下鉄で最初迷ったけど、パリは小さいから意外と動きやすい。
メトロからでるとロンドンより広い空が広がっていた。
e0065392_4224228.jpg


この日はオルセー美術館→シャンゼリゼ通り→凱旋門→オペラ・ガルニエ→サクレクール聖堂というハードスケジュール。ゆっくりしたいと思ってたけどなんだかんだいっぱい回ってしまって大変だった。

オルセーはやっぱり最高だった。
ドガもモネもゴッホも何枚もそろってて、ため息が出る。
前ここに来たときに1人で来るなんて考えもしなかったなあと思った。

特にドガのバレエの踊り子たちが良かった。
前はゴッホがすごく感動したけど。
この頃バレエ見にいってるからかな?
e0065392_3382520.jpg


オペラ・ガルニエの天井画もすばらしかった。
シャガールが一面にある(ゆき、教えてくれてありがとう)。
e0065392_3391696.jpg

シャガール大好き。
いつもシャガールの絵には天使が飛んでて、花があって、夜空が綺麗で、動物が楽器弾いてて、恋愛があるから。
色も単純なのに、引き付けるものがある。


ホテル着いたら、部屋がいっぱいだからって(なんで?!)他の同系列のホテルに回されて、(チェコでもそうだったけど)ちょっと大変だった。

ホテルでもあんまり英語通じないし、治安が良くないところだったから、ちょっと怖かったけど、パトカーの音が多いくらいで(ロンドンでもそうだから慣れてる)何にも無かった。

この日、バレンタインだから真っ赤なハートの風船を大量に持った男の人や、バラの花束抱えた男の人を見かけた。こっちではプレゼントするのは男の人なんだよね。女の子、日本より楽じゃない?!

★15日(2日目)★

ホテルのパンが美味しいから朝から感動した!
どうしてイギリスとはこんなに違うの?!近いのに・・・。
実際頼んだカフェの全てのものが美味しかった。

ルーブル美術館→マドレーヌ通り→ピカソ美術館→サンジェルマンデプレでお買い物

ルーブルは日本人だらけだった。
すごいね・・・。感心するほど日本語を久々に大量に聞いた。

ダビンチコードしか思い浮かばなくなってしまいつつあるけど、モナリザを見た。
すごく警備が厳しくなっていた。前は写真撮れたのに禁止だったし、警備が4人くらいいて映画のせいかな?

モナリザより聖母子像のほうが好きだけど、やっぱりダビンチの絵は全部すごかった。
他の絵が平坦に見えてしまう。こんなに時が経っても本当の人の肌みたいな絵。

サモトラケのニケ(↓)もミロのヴィーナスももちろん良かった。
e0065392_3425553.jpg



子供たちの美術館ツアーがあったり、中で実際絵を描いてる人がいたりするのが素敵だよね。

e0065392_346531.jpge0065392_3462379.jpg
















でも、やっぱりこの日一番感動したのはピカソ美術館だった★

今まで行ったことが無いから行ってみたら予想外にすごかった。
ゲルニカのパーツごとの構想画とか、泣く女シリーズとか版画、焼き物、青の時代の絵までそろっていてコレクションがすごかった。
団体観光客があまりいなくて、閑静でシンプル。

「ここ、すごくいいね」ってそこで会った人と興奮して話してた。
あまりにもいいものがあると誰でもいいから話して共感したくなるんだよね。
今度はゲルニカ見たいな!!!(どこにあるの??)

とにかくお勧めです。
ピカソ美術館があるマレ地区はすごく素敵だし。

そしてサンジェルマンデプレでWindowショッピングしてたら茜と真理子に会った!!
その偶然に驚きすぎて騒いでしまいました。

パリは小さい。
世界も小さい?!と思った瞬間。
ずっと1人だったからなんだかすごくビックリしたし嬉しかった。



★16日(最後の日)★

ノートルダム寺院☆で締めくくり。

蝋燭屋さん↓
e0065392_3484073.jpg




おわり。


天気に恵まれなくて雨と曇り続きだったけど美術館巡りが目的だったからよかった。
また春になったら行きたいなあ。

帰ってきたら寮の水が止まっててちょっとびっくりした。
朝から夜6時まで使えないって・・・・。
シャワー浴びたいよぉ。

そして微妙に、でも確かに全ての物価が高くてちょっとロンドン・・・。

でも今日は自分のベットで寝られるのが嬉しい。
6ヶ月前慣れなかったここが自分の部屋となりつつあるのが変なかんじ。

あと4ヵ月後きっとここを離れるのもすごく寂しい。
そんな予感がちょっと嬉しい。
[PR]
by sharara-lon | 2006-02-17 04:33 | 旅行記

チェコ旅行☆

チェコは音楽と建築の街です。ドボルザークやフランツ・カフカ、ドナウ川とかが有名らしいこと、物価がすごく安いこと、冬はすごく寒いことに行って気づきました。
では、このブログを見てくれている人へ。ちょっとだけ旅の回想。


31日(出発)
飛行機上空から見た空。
すごい綺麗でした。
毎日曇っているイギリスも上空には青空があるんだ・・。
不思議。
e0065392_435362.jpg


チェコの上空。ついた日の最低気温は-6℃。
e0065392_44615.jpg


1月1日
新年早々、第二次世界大戦のときの悲劇、ユダヤ人博物館へ。
暗くて重かったです。頭が痛くなりました。でもとても貴重な体験でした。

↓壁には亡くなった人たちの名前がありました。この部屋がたくさん続いました。子供たちが収容所で書いた絵や文章もありました。そして外にでると数え切れないお墓の数にまた圧倒されました。
辛いけど忘れてはならない悲劇だと再確認しました。
e0065392_452773.jpg


2日
買い物と街観光☆そしてクラシックコンサート!
雪がすごかったためブーツを買いました★(5枚くらい着こんで、タイツにジーンズ+ブーツ!)

3日
郊外のチェコ世界遺産の町へ★
たどり着くのがすごくすごく大変でした。雪のため何度も電車が遅れ、何度も乗り換えさせられ(4回くらい?)、朝6時起きだったのに到着時午後1時!!やっとたどり着いた・・。帰りもかなり長いstoryが・・・大変でした。本当に郊外から帰れなくなるかと思った。。

e0065392_49573.jpg


でもそれでも行ってよかった!!
行くまでの列車からの風景、辿り着いた街は本当に綺麗でした。
妖精がいそうなメルヘンの世界がそこにはあって、ヨーロッパの冬のよさを感じました。
e0065392_492633.jpg
e0065392_494644.jpg


この日はいろいろな人の親切さに助けられました。
日本人夫婦に出会ったり、若いカップルとタクシーシェアしたり、英語ができないチェコ人のおじさんが、絵を描いてプラハへの電車到着時間を教えてくれました。
ありがとう。


4日
プラハ城とカレル橋★観光者だらけでした。
昨日載せたステンドグラスの写真もプラハ城内です。

e0065392_4101220.jpg


5日(最終日)
飛行機でロンドンへ(2時間鹿かかりません)。
汚い地下鉄に乗って、いろいろな人種を見て”ロンドンに戻ってきた”と感じました。


****

今日は課題に追われています。
月曜までにまにああわせなきゃ・・・。がんばります。
[PR]
by sharara-lon | 2006-01-07 04:19 | 旅行記