<   2006年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧

最後の更新 ばいばいロンドン

e0065392_6324697.jpg


そういえば、旅行している間いろいろな国でワールドカップの歓声を聞きました。
イギリスでフーリガンが半裸で叫び、
スペインでも人々が熱狂的になり、
ギリシャでも道の白い壁にテレビを映し出して、
いろんな人が一緒になって見てたワールドカップ。
この夏の大切な思い出の一部です☆
決勝戦は日本で見れる!!

今からもうすこしで空港に向かいます。
これでこのブログもおしまい。
この留学もおしまい。

今まで読んでくれた人たち、本当にありがとうございました。
いつも見てくれる人がいて嬉しかった。

また会える人がいてすごく嬉しい。
ここで別れなきゃならない人がいて悲しい。
でもまた新しい生活が待っているんだから、次に行かなくちゃと思います。

7月3日に日本に帰ります。



ばいばいロンドン。
またいつか。
[PR]
by sharara-lon | 2006-07-01 06:35 | 旅行記

旅行記4(最後) マルタ共和国編 ~村上春樹が好きだから~

e0065392_5554764.jpg


村上春樹の小説に出てくるからっていう理由だけで
春樹ファンのわたしたち2人はマルタに行くことに。

マルタ島はギリシャみたいな楽園だと思っていたら
ちょっと違った。
土埃っぽい茶色い古い島。
ドライで暑くて、そして思ったより全然町が大きかった!
どうして村上春樹はマルタ島に行ったんだろう?

とりあえず毎日すごく暑い!!
最高気温40度。。。

e0065392_671550.jpg


こんなレトロなバスが通ってる。
宮崎駿っぽいかんじだった。
でも40度。。。
e0065392_67329.jpg


貨幣はマルタリラ★
オリーブや魚、蟹のデザインがかわいい。
e0065392_684128.jpg



とにかく暑いからビーチ(ここは地中海)★
カキ氷みたいなのがすごく美味しかった。
でも暑すぎて退散。
e0065392_610479.jpg



日本人の人に知り合って、仲良くなる。
海に潜る仕事をしている人。
海が好きでずっと潜っていられることが幸せだって言ってた。

彼は、シシリーとかスペインとかモロッコの海で漁業を手伝いながら、日本にあまり帰ることのない日本人。孤独だけどすごくステキだった。

世の中には色々な職業があって、いろいろな人がいるんだ。
世界は広い。
そして好きなことを職業にしたらそれほど幸せなことはない、そう教えられた。

一緒に旅行できた3人の友達ありがとう。
そして旅先で知り合えた人たちも。

いろいろ書いたらきりがないほどハプニングはあったけど
すごく大切な思い出になりました。
気づけばもう大学3年の夏★
日本に帰らなくては。


旅行記終わり。
[PR]
by sharara-lon | 2006-07-01 05:33 | 旅行記

旅行記3 ギリシャ編 ~エーゲ海で泳ぐ~

e0065392_4541724.jpg


アテネに早く着きすぎてアテネ空港1泊。
雑魚寝の後の朝食は美味しい。。。
(実はバルセロナ空港でも、ニース空港でも雑魚寝を経験済みの節約旅行)

というわけで、やっと朝を迎えて早速目的の島イドラ島へと向かう!
(アテネ空港快適でした、ありがとう)
空港からバスで港まで1時間、
港からフェリーで酔いそうになりながら2時間弱。

着いたところは、目を疑うくらいの美しい島だった。
e0065392_458250.jpg


イドラ島は、バイクも自転車も自動車も禁止されている小さい島。
だからか空気がとっても綺麗だった。

故ダイアナ妃も愛していたというバカンスの島。
光は強いけれど、日陰に風が吹くととっても涼しい。

ロバと馬がいて、それでホテルまで荷物を運んでもらう。
e0065392_50058.jpg


e0065392_501620.jpg


光がすごく綺麗。
白い壁と青いドア。
ピンクの花が咲き乱れる島。
念願のギリシャにやっとこれて、本当に言葉が出なかった。

e0065392_512487.jpg


e0065392_513798.jpg


ここでの日々は楽園そのもの。
グリークサラダは美味しいし、遅くまで明るくって暖かい。
e0065392_5288.jpg


「ギリシャの人にとって、人生はどれくらい楽しく生きれるかが最重要」
って地球の歩き方に書いてあった通り、みんな朝と夕方はイスを道に出してのんびり過ごす。

誰もせかせかせず、時間はひたすらゆっくり流れている。
どこかで誰かががギターでギリシャの曲を楽しそうに歌っているし、
ロバは歩いてるし、物価は安いし、暑ければ海で泳げばいい。
夜は涼しくて星が綺麗で、町全体がふわふわしていた。

島で一番綺麗そうなビーチに行くことにする。
小さい船でちょっと行くと水は本当に透き通る。

誰もいない朝のビーチをほぼプライベートで貸しきる★

e0065392_564011.jpg


初エーゲ海。すごい透明度でしょ?
e0065392_592915.jpg


魚は透明で、泳ぐ人の横をすっと追い越していく。
気がつけば隣に小さな熱帯魚がいたり、珊瑚はピンクでゆれていて
こんな場所が本当にあるんだ・・・・と信じられないくらい綺麗だった。

ウニはいたけど、エーゲ海の塩分が濃すぎて体が浮いてしまって
取れなかった。。。残念><。

e0065392_5124589.jpg


イドラは美しすぎて驚きの連続だった。
ギリシャにハマる人の気持ちが良く分かった。

絶対また行きたいよー。いつか自分がリッチになったら。
実在の楽園ってあそこのことだ。
きっとこれから疲れることがあったら、この島を思い出すだろうなあって友達と何度も言い合った。
イドラ島のビーチで聞いた数々の曲も。

つづく。
(次で旅行記最後)
[PR]
by sharara-lon | 2006-07-01 05:15 | 旅行記

旅行記2 南仏編 ~ニースの美術~

e0065392_4293234.jpg


マドリッドで寂しい夜を耐えて次の場所、ニースで別の友達と会う。
久しぶりに会えた感動で、話は尽きなかったね。

フランス、ニースにどうしても行きたかった美術館があったから無理して1泊。
シャガール美術館とマチス美術館へ行く。

シャガールの絵はやっぱり素晴らしかった。
愛と希望に満ちていて、いつもそこにはヤギと魚(手の生えた)と鳥(さかさまの)がいる。
ちょっとの寂しさも見え隠れしててその色使いに圧倒された。
美術館員のお兄さんもなかなかステキだったw。
e0065392_4312424.jpg


絵の並べ方の間隔も広くて、こじんまりした美術館はいくらいても飽きない。
写真を撮っていいというのもここのすごいところ。
e0065392_43594.jpg


マチスは残念ながら写真がないけれど、
あの独特の切り絵が沢山見れてすごくよかった。

そして、午後には地中海で泳ぐ☆
塩分が多いから体が浮いてきて、2人してすごいはしゃいでしまった♪

青い空と透き通った海、
スペインで感じた不安感が吹っ飛んでしまうほどバカンス気分。
人々はリッチで、満たされていた。
たった1日だけどすごい満喫できてよかった、ニース★

ここから次の日、イタリアまで電車で移動、
ミラノから飛行機で、ギリシャ入りしました。

つづく。
[PR]
by sharara-lon | 2006-07-01 04:41 | 旅行記